機嫌の悪い時

人は、なにかがあって、または何もなくても、子供の「カンの虫」みたいな事があって、
機嫌の悪い時っていうのがありますね。
女性では「あの日」なんて呼ばれて、期限が悪いとされてる日もあります、。
全員があるわけではないですよー。
そんな時に何か気にさわったことを言われて、その相手を攻撃する、
そんなことがあったらどうします?
攻撃された方はたまったもんじゃないけど、受け止めるしかない。

そして瞑想でもして、忘れる、、、(?)
その相手を会わなきゃいけないけど、、笑、、、笑って会えるだろうか。
相手もどこかで「あんなこと言わなきゃよかった」と思ってるはず、、
そう信じたい。
なんだか理不尽なんだもん、、、期限が悪かったとしか思えない。
どうしてこんな気持ちになるんだろう、、それは相手が悪いから?
いえいえ、気分が悪くなったには自分、開いてじゃない。
そんなつもりはないのだ。正当な事を言ってると、相手は思っているのだ。
なので受け入れて、、、瞑想に戻る、、、。
これしか出来る事はない。
口を開けば感情的になるし、何いっても、期限の悪い(?)相手には無駄。
虫しよう。
そして笑って会おう。
それが大人の道ですね。
自分はそう信じます。
そうしないと、やってられない。

このブログ記事について

このページは、あやかが2019年9月 1日 00:57に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ワックスコード」です。

次のブログ記事は「しめしめ?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。